« 紬のシャツコート | トップページ | ミシン・W杯・アスパラガス »

2006年6月 8日 (木)

紬のジャケット

Dscn0212_edited 友人のジャケットが完成しました。取り掛かったのは早かったのですが、2週間ほど体調を崩したり、ミシンの調子が悪かったり、と不調続きでした。

少し季節はずれになってしまったのですが、彼女は気に入ってくれるでしょうか?アイボリー地に縦縞模様、パステルカラーの色が縞模様になっている紬です。たっぷりとしたジャケットですが重たくならなかったのは、この色合いとスッキリとした縞模様だから。

共布でスカーフを首に巻いてみました。柔らかな素材ではないので少し無理があるかもしれません。

Dscn0215_2

ジャケットらしくなるように裏地を付けました。

この紬に使われていた八掛を再利用しています。脇に私の作品という事でオリジナルネームタグを付けて遊んでいます。

ボタンはShellbonで友人が選びました。上品な光沢が美しい高瀬貝です。

とにかく無事に完成してほっとしています。身内以外の服作りは初めての経験、色々と勉強になりました。「着物リメイク」から きくちたみこ さんのデザインを参考にしました。

着物リメイク―古い着物で、今着たい服を作る Book 着物リメイク―古い着物で、今着たい服を作る

販売元:日本ヴォーグ社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 紬のシャツコート | トップページ | ミシン・W杯・アスパラガス »

コメント

昨日はご訪問ありがとうございました。
早速に、こちらに来させていただきました。
素敵な作品ですね。
興味深く見せていただきました。母の形見の着物がありますが、出しては眺めてばかりです。こういった風に再現できればどんなにか着物も喜ぶことでしょうね。
又。時々覗かせていただきます。

投稿: トン・トン・トン | 2006年6月11日 (日) 01時15分

トン・トン・トンさま、コメントありがとうございます。着物を着て楽しむ事も好きですが、傷ついた着物をリメイク、普段着として着ています。お母様の着物タペストリーの様に壁に掛けて楽しまれて観たら如何でしょう。これからの季節は麻など涼しげでいいですね。またご覧になってください。

投稿: ぴゅあしるく | 2006年6月11日 (日) 10時28分

久々にゆっくりとパソコンを見れるようになり、お邪魔させて頂きました。
着物として出番が無くなった物も、新しく生まれ変われて幸せですね。中でもこの作品は裏地までも八掛の再利用とはお見事!
物作りは好きだが、不器用で・・もう少しお裁縫が出来れば、私の着物生活も、もっと楽しくなるだろうけど。

投稿: 古娘 | 2006年6月13日 (火) 21時14分

古娘様、私も全くの初心者です。ミシンだって姉のお古ですし。以前は編み物が好きでした。洋裁は機械や道具、場所とある程度の勉強が必要になります。しかし、今では殆んどネットで手に入るので大変重宝しています。手芸店は減る一方ですが、布を探す喜び、創る喜び、そして何より着て楽しむことが出来るのでこの趣味はまだまだ続きそうです。またそちらにも遊びに行きますね。

投稿: ぴゅあしるく | 2006年6月14日 (水) 13時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/100488/2126181

この記事へのトラックバック一覧です: 紬のジャケット:

« 紬のシャツコート | トップページ | ミシン・W杯・アスパラガス »