« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月29日 (土)

パーベリーのコンフィチュール

Dscn0328_1 なんだイチゴジャム?

そうです、イチゴジャムです。た・だ・し、新種のイチゴで年中栽培できるそうです。

週末のお決まり、JAの市場に行って見つけました。パーベリーという名前も初めて聞きました。 コンフィチュールとはフランス語でジャムという意味。とはいってもいつも自己流で作っているので私の場合、保存用とは無縁です。

ジャムといってもヨーグルトに入れる為に作ります。イチゴソースといったほうが正しいでしょう。手作りをとても喜んでくれるから。

下にあるのがジャムにする前のパーベリーです。Dscn0325_3

いがらしろみの果物でつくるコンフィチュール Book いがらしろみの果物でつくるコンフィチュール

著者:いがらし ろみ
販売元:日本放送出版協会
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月28日 (金)

南国宮崎・完熟マンゴー!

Dscn0314_4 今週2泊3日で宮崎に出かけたパートナー。

届いたのは見事な完熟マンゴーです。国産のマンゴーはいつもスーパーで眺めるだけだったので飛び上がって喜びました。

私の手から溢れんばかりの大きさに感激!恭しくナイフを入れると果汁がジュワーッと出てきて(メキシコ産では無かった)香りがイイ!

果肉をそぎ落とした後の種を絞るように握るとまたまた果汁が・・。

写真を撮ったり、スケールで重さを量ったり、(ちなみに一番大きな物で618g)とお祭りの様な賑やかさでした。Dscn0312

全部で3個、そのうち1個はサービスで頂いた物らしく箱を開けたときにびっくりしていました。

勿論,お味は 「天国」です。

それ以外の表現はありません。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年7月16日 (日)

気分はHAWAII ②

Kokolog_1

 HAWAIIシリーズ②となります。

こちらは私のお気に入り、銘仙のアロハ。

紫が美しい正絹の銘仙でした。元は長羽織でした。サイズが合わなかったので裄を出そうとして解いてみると、あ~焼けています!

その仕立て方が凄かった!焼けを避けて上手に作っていたのには驚きました。

でも羽織としては着用できないのでリメイクしたのです。花柄を上手く配置する様に心掛けました。同じ色のガラスネックレスを合わせてみました。

襟にはステッチを入れないで、フンワリ!少しだけでもオリジナルな感じにしたいので、デザイン本のままではなく、工夫するようにしています。B42 B42_1 B42_2

ボタンは貝ボタン、上手く写りませんがコレも紫の花柄です。

ウエストがシェイプされたデザインですっきり見えるところがお気に入り!

デザインは下の本から・・・。

古裂のシャツ―フェミニンに着る Book 古裂のシャツ―フェミニンに着る

著者:daizu
販売元:世界文化社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年7月11日 (火)

気分はHAWAII

Dscn0302_5 梅雨始めのうちは、肌寒く感じられて、恵の雨だからと少しは余裕を持って受け入れられたのに。

最近特に蒸し暑く、イライラして人に優しくなれないことがあります。気をつけましょう。

爽やかな色合いの銘仙を見つけました!薄いブルー地に、枝葉模様です。葉をよく見ると柊(ひいらぎ)の様なギザギザが?いえいえ私には椰子の木に見えてきました。正絹の夏銘仙(単でした)でとても軽い生地です。

一目で「アロハ」にと決定、染みや虫食いは無いものの、多少の色あせがありました。でもそれが一癖ある、よく言えば景色になっています。

メンズ、皆勤襟、半袖、柄合わせ無し、張りのある銘仙の生地は、縫い易いものなので助かります。評判も上々でうれしい!B20_4

中にTシャツで、ふわっと着て欲しいな。アロハは年齢とか、体型に関係なく誰でも似合うのでお気に入りの布があればまた作ろうと思っています。特に銘仙はカラフルなものなどが多く、生地も夏向きです。欲を言えばレーヨンの様なトロンとした感じがあるともっといいと思います。

先日テレビでアロハのお店を紹介していました。番組名は「魅せる京都」、ジローラモさんが買ったアロハは竜が飛んでいるものと、竹林の虎の2枚。迫力ありました。

デザインはクライムキさんのもの。

クライ・ムキのメンズシャツカタログ Book クライ・ムキのメンズシャツカタログ

著者:クライ ムキ
販売元:文化出版局
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »