« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月30日 (土)

絞りのマーメイドスカート

B6_1 B5_1

アンティークの羽織から
作ったスカートです。

とても薄く織られた紬生地に、ねじり梅の様な(花弁の数が梅より多いので違いますが)お花と牡丹か芍薬の様なお花を、絞りで染め上げています。

少しくすんだ朱色がいい感じ。

柔らかな生地でフンワリ揺れるスカートにしたい。

ラインも綺麗に出したい。

それで選んだのが、6枚はぎのマーメイドスカート。今の季節にぴったりです。
Gジャンでカジュアルに、テイラードでキリット、カーディガンでエレガントに着こなせます。

デザインは「スカートを作ろう!」ブティック社より

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2006年9月27日 (水)

ガーゼケット

Dscn0499_1 先日来たばかりの布、6重ガーゼです。

寝具メーカー用に作ったもので、濃い生成り。

ナチュラル感が強く、粗いガーゼが6枚重なっています。
厚みは薄めのタオルケットほど、ガーゼの柔らかさは肌触りがいいです。

速乾性に優れたガーゼ、寝具でも活躍してくれそうです。
4m(2m・1200円)買ったのですが、5メートルにしておくべきでした。折り返しの余裕がもう少しあったかも。

今はネットでいろんな物を見て、自宅にいながらお買い物ができます。出不精の私にはとても助かります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月23日 (土)

小花のブラウス

Dscn0449_3 Dscn0450_1

姉からのプレゼントです。


昔、私がまだ小学校の時、ターミーちゃんのドレスからかしら。

伝説の少女(姉)は、3,4歳の頃、布に穴を開けお人形の腕を入れて着せたそう。
私のターミーちゃんのドレスは、ベアトップに3段フリルスカートのロングドレス。
ナイスバディなターミーちゃんに着せたら、まるで映画女優です。

びっくりしたやら、嬉しいやらで今でも忘れられない思い出です。

編み物も洋裁も、姉から学びました。
それまでも、沢山、お下がりや、手作りのお洋服をいただきました。

このブラウスはぺプラムの部分と後ろ身頃がバイヤス裁ち。
綺麗なシルエットを出してくれます。

よーく見ると、その部分と胸の布が違います。同じ花柄でも地模様違い。

いつもありがとう、心配ばかりかけてゴメンね。
デザインはこの本から。

ソーイング・トーク Book ソーイング・トーク

著者:茅木 真知子
販売元:文化出版局
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年9月21日 (木)

美味しい秋みつけた!

Dscn0435  秋の味覚です。

いい顔してますね。 
NHKの朝のニュースで作っている場面がUPした日、我が家にも、「秋」がやってきました。

送ってくださった友人に感謝!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年9月15日 (金)

麻の紋付

Dscn0419_2 薄いブルーの麻着物でした。
後ろと袖に紋が抜いてあった紳士物です。かなり着込んでありました。

夏の半そでシャツを作ってみました。
いつもはシングルのステッチを、今回豪華に?ダブルです。肩、襟、前立て、ポケットなどに入れるステッチをダブルステッチにしました。

麻のタンガリーシャツのように見えます。

でもそれだけでは終わらせません。

せっかく紋が布にあるんですもの、それを生かして後ろのヨーク下に入れてます。

それがこれMon Dscn0418

さすがの紋もかなり薄れて迫力不足ですが、このシャツとても気に入っているらしく、よく着ています。

洗ってアイロンを掛けると、うっすら光沢がでてきます。日本の麻も昔の物はいいものを使ってますね。

デザインはこの本からです。

クライ・ムキのメンズシャツカタログ Book クライ・ムキのメンズシャツカタログ

著者:クライ ムキ
販売元:文化出版局
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年9月 4日 (月)

ガーゼのカーテン

Dscn0391_3 窓辺が変わりました。

差し込む光が柔らかくなったみたい。

ガーゼでカーテンを作りました。シングルの平凡なガーゼです。

端の始末はロックミシンで巻きロック。

ダ、ダ、ダ、ダーっとスピード仕上げ。

シングルでは少し視線が気になったので(曇りガラスですが)、2枚重ねてダブルで掛けました。ひらひら2枚、揺れる様子もいい感じ。

雰囲気が変わった窓辺に、JAで買ったサボテンやガラス雑貨を飾っています。鉢を変えなくちゃ、今探しています。

まだ布が他にもあるので洋裁の日々はこれからも続きそうです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »