« 至福のとき | トップページ | アンティークの紬からロングスカート »

2006年11月28日 (火)

大島のベスト

Dscn0656_2 大島紬の着物でした。

色・柄、とても素敵な着物でしたが、水を被ったような染みが一面にありました。殆ど着用されてなかったみたいです。

紳士物のベストがやっと取れました。
スーツに合わせても面白いかとオーソドックスなデザインにしたのです。
でもやはりちょっと無理がありました。

そこで普段着に良く羽織を着ていたことを思いだし、羽織の下に着てみたら・・・。

意外と合います。似合います。
これでまた美味しい物食べに連れて行ってね。

ボタンはいつもよりじっくり選びました。

Dscn0654_1   

デザインはこの本から。

着物リメイク―古い着物で、今着たい服を作る Book 着物リメイク―古い着物で、今着たい服を作る

販売元:日本ヴォーグ社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 至福のとき | トップページ | アンティークの紬からロングスカート »

コメント

何時拝見してもすてきなリメイク品ばかりですね。それにご主人がどうもおしゃれな方のようでうらやましい!
写真ではよくわかりませんが、7マルキか9マルキのかなりいいもののようですね。それに柄もモダン!素敵な方にまた着てもらえて大島も大島冥利につきるでしょう。

投稿: まあまちゃん | 2006年11月28日 (火) 13時15分

追伸:”柿の美きんとん”届きました。とっても、とってもおいしかったです!”つれづれ”のほうに感想を書いておきました。

投稿: まあまちゃん | 2006年11月28日 (火) 13時19分

まあまさま
しなやかでしっかりとした大島です。
模様が小さいので、リメイクしても大丈夫かなと。
柿の実きんとん届きましたか。
まあまさんにはぜひ試食して頂きたかったので嬉しいです。
葉っぱが次第に本当の枯葉になっていくんですよね。笑

投稿: ぴゅあしるく | 2006年11月28日 (火) 14時29分

素敵な大島紬。
ほとんど着ていないのに、しみがあるなんて…
着物が可愛そうね。
でも、こうしてリメイクされて、やっと日
の目を見られて、着物も喜んでいるわ。
きっと。

投稿: | 2006年11月29日 (水) 05時56分

縞さま
そうなんです。
着物はいい物なのにね、お手入れしていないと悲しい事が起きるのです。
丈をもう少し長くしたらまた違った印象になるかも。

投稿: ぴゅあしるく | 2006年11月29日 (水) 10時26分

シックな大島ですね
ご主人様のベストはどうして?ジャケットの下には素敵では?
最近、リメーク服を召されている方に良く出会いますが・・・調和・バランス・姿勢が気になります
難しいですね、あまり主張しないでさりげないお洒落って
ぴゅあしるくさんは、生地選びとってもセンスがいいですね

投稿: | 2006年11月30日 (木) 22時50分

リメイクスカートが載ってるかな~と思って久しぶりにやってきました。作品、続々とアップされてますね。
パートナーさんは洋服に羽織を着られるのですか?その中に大島のべスト・・・
う~ん、その素敵な着姿を見てみたい!

投稿: つかさ | 2006年12月 1日 (金) 00時31分

つかささん
リメイクスカートはホテルで撮影会?の予定です。
着物は上手く着れなくて、どうなる事やら?
彼は紬の羽織をこの季節辺りから着始めます。
最近、また一つ増えたのでmixiでお披露目しますね。

投稿: ぴゅあしるく | 2006年12月 1日 (金) 09時54分

大変失礼しました
11/30の名無しのコメントを送信してしまいました

投稿: トン・トン・トン | 2006年12月 2日 (土) 11時49分

トントンさま
手持ちのスーツ(上下)には何となく会わなくて・・・。
確かに冬用のジャケットならOKですね。
何かに合わせてみようかな?
これ小さなバックと同じ大島です。

投稿: ぴゅあしるく | 2006年12月 6日 (水) 08時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/100488/4342207

この記事へのトラックバック一覧です: 大島のベスト:

« 至福のとき | トップページ | アンティークの紬からロングスカート »