« 紬のリバーシブルジャケット | トップページ | 夏紬のハーフパンツ »

2007年4月22日 (日)

阿知須牛

Dscn1627 旅から戻るとポストに小包のお知らせ。
山口の友人からパートナーにお届け物です。
2,3用事を済ませて郵便局へ受け取りに行きました。
チルド用発泡スチロールの箱の中身は立派な霜降り肉が、それもステーキ用とすき焼き用が入っていたのです!
すき焼き用は冷凍にして、ステーキを翌日のお昼用にと冷蔵室に入れました。

翌朝、JAの市場で肉厚のしいたけ、青ネギ、クレソン、紫玉ねぎ、春大根などステーキ丼の付け合せにする野菜と花(バラとガーベラ)を買って、いよいよ調理を始めます。

室温に戻していると霜降りのステーキ肉が溶けてくるじゃありませんか!
こんなお肉を扱った事がなかったので野菜の準備をしっかり整え、慎重に焼き始めます。

そして出来上がったのがこのステーキ丼!
レアに焼き上げたお肉は口の中でトロけます、二人とも声が出ません。

その後、コーヒータイムに一枚のバースデーカードが届きました、山口の方からです。
この肉は山口でも有名な牧場で、彼の友人が営んでいる事、「どっちの料理ショー」でも紹介された名品だった事を知り、改めて感謝しました。

この日は食に恵まれたバースデーイブでした。ホッ

Dscn1626_1 Dscn1625_1

山口県産黒毛和牛
福嶋牧場
阿知須牛
(あじすぎゅう)Dscn1639

|

« 紬のリバーシブルジャケット | トップページ | 夏紬のハーフパンツ »

コメント

ご主人は素敵なお友達がいらっしゃるのですね。ご夫婦のお人柄のよさ伝わってくるようです。
そして本当においしそうなステーキ肉!この牛の銘柄は知りませんでしたが、写真でみただけで口の中に肉汁があふれ出そうです。
ただのステーキではなく、ステーキ丼にしたぴゅあしるくさんのセンスも最高!
お料理の腕もなかなかとお見受けしました!

投稿: まあまちゃん | 2007年4月22日 (日) 14時29分

まあまさん
彼の大学時代の友人です、持つべき者は友ですね。
私も初めて知った銘柄でした。
高価な物と知っていたら、料理する時に手が震えていたかもしれません。笑
ステーキ丼は冷めにくく御箸でOK!後片付けも楽チンです。


投稿: ぴゅあしるく | 2007年4月22日 (日) 14時44分

山口県は5年間単身赴任していましたので名前だけは・・・聞いておりましたが、魚好きの家人は魚onlyです(残念!)
今も釣船仲間から、お魚が届きます~
男の友情っていいですね

時間を作って、又来訪したい場所です
その時は、絶対頂きます!!

投稿: トン・トン・トン・ | 2007年5月 8日 (火) 00時22分

トントンさん
5年の間に釣り仲間が、ご主人も良いお友達がいらっしゃるのですね。
辛い単身赴任も今となっては良い思い出でしょうか?
お二人で旅行のときは是非、お薦めします。
すき焼き用のお肉はスーパーで一番高い割り下を買い、ありがたく頂きました。笑

投稿: ぴゅあしるく | 2007年5月 9日 (水) 15時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/100488/6166469

この記事へのトラックバック一覧です: 阿知須牛:

« 紬のリバーシブルジャケット | トップページ | 夏紬のハーフパンツ »